インドネシア/マンデリン SG TABOO

インドネシア/マンデリン SG TABOO

通常価格
¥1,540
通常価格
セール価格
¥1,540
単価
あたり 
公開状況
売り切れ
税と配送料は購入手続き時に計算されます。

生産地 : インドネシア/スマトラ アチェ州 タケンゴン地区
品種 : アラビカ種 アテン
標高 : 1,200〜1,300m
精製工程 : スマトラ方式/100%天日乾燥

インドネシア産のコーヒー豆は9割がロブスタ種(主に缶コーヒーで使用される豆)で、アラビカ種は大変貴重。中でもスマトラ島北部アチェ地区タケンゴン地区の高原地域でつくられた「マンデリン」だけがSG=スーパーグレードとして認められていて、非常に希少で品質の高い豆として世界的に評価されています。

マンデリンの穏やかな酸味と特徴的な香り・濃厚なコクは、他の地域とは違う精製方法が大きく関係しているのですが、この方式によって生豆が割れたり、傷から菌が侵入してしまったりとデメリットも。
TIMEが扱う生豆の中では、焙煎前にハンドピックで取り除く豆が断トツに多いのです。(無くなってしまわないか心配になるくらい…)
勿体ないと思うこともあるけれど、その厳しい選別が美味しさに繋がり、お客さまに喜んでもらえて、また生豆を注文することができて、農家さんの暮らしを支えることに繋がるはず!

現地の人々に”TABOOタブー(素晴らしい味)”と親しみを込めて呼ばれているマンデリン、是非ぜひお試しくださいませ。

 

※豆の状態について
「粉」をご指定の場合は中挽にてご用意させていただきます。細挽や粗挽をご希望の場合には、ご購入画面にて備考欄へご記入ください